bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

壁を突破したらどうとかこうとか。

月曜から疲れてぐったり感のある今日この頃です。天竺の生活は楽しいですが、疲れるものは疲れます。


でそんなさなか、異様に盛り上がってますが、今更釣られてみるテスト。

「少し疲れているから休みを取って体を休ませます」と言って仕事を休む人を見かけます。(略)それと同時に、少なくとも1週間安定して仕事に集中できる自分になれるように、日々自分を進化させていく、ということも忘れないで欲しいと思います。

「少し疲れているから休みを取」ろうとするのは、その彼(彼女?)が壁を5回越えようとして失敗したから、という可能性には思い至らないのかなぁ。
もし彼がそうだとしたら、「少なくとも1週間安定して仕事に集中できる自分になれるように」努めてもらうのは正しいと思いますが、「壁を5回越えてみろ」とアドバイスするのは、明らかに間違ってますよね。

jkondoさんはいろいろ綺麗ごとは書いてるけれど、結局そんな彼に対して「この程度で休むなんて。お前まだまだ働けるやろ?」とごり押ししている印象しか受けないのです。


1週間安定して仕事をするには、ギアシフトの上げ下げを上手にして、パフォーマンスを持続的にすることが重要であって、常にトップギアに入れ続ける事ではないはず。人によっては、トップギアに入れっぱなしでも天性のアクセルワークで走れちゃうF1ドライバーもいるんでしょうが、一般人が真似したら事故ります。

こういうエラい社長さんには、ギアの上げ方だけじゃなくて、下げ方も教えてほしいと思うんですが、そういう人にはなかなかお目にかかれません。


あと、個人的にどうかと思ったのはjkondoさんより、while(life)onoue++;さんのところで引用されてた、某社長さんのコメント。(ブログ主のONOUEさんごめんなさい)

自分の能力の80%の負荷で行動していたらどうなるだろう?

(ホワイトボードに能力と時間の軸を書いてグラフを作る)

5年後には32%になってしまいます。

つまり、前の自分よりも下がっていることになります。

逆に120%の負荷をかけていたらどうだろう。

5年後には248%になります。

人間の成長を、そんな菌の繁殖のようなモデルで解釈されても、困っちゃいません?

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。