bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

余談

前回の日記

そのココロは?みたいなところを書きかけたけど長くなりそうなので、別エントリーにしたいと思います。

とか書いてて、実際に沢山書いてたのですが、自分の中でいろいろ盛り下がってしまったので、ざっくり消しました。
まぁ一言で端的に言うと、みんなペギオさんのこと買いかぶりすぎだということです(えっ、ぶっちゃけすぎ?)
別にペギオさんをけなして言ってるんじゃなく、寧ろ周りが裏読みしすぎ、というか。ペギオさん自身はもっと素朴にやってるんじゃないの?


[追記] と思っていたら、 id:m-hiyamaさんが、自分が元々書こうとしていたことをサラっとかいてくれました。すばらしい。


以下、余談の余談。

昔読んだ単行本(原生計算と存在論的観測―生命と時間、そして原生)は数式が本文にあまり出てこなかったので、比較的(つか、かなり)自分には読み易い内容でしたが、あれは何でしょうね。ペギオさんの苦労話にしか読めなかったな。非線形シミュレーションって大変だねーみたいな。
まぁ、哲学ノンネイティブの戯言ですがね。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。