bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

Tag Deal

The Math Factorってポッドキャストをたま〜に聴くんですけど、今週のネタが面白かったので転載してみる。トランプ風のパズル。

ルールは以下のとおり。

  • プレイヤーは何人でもよいし、カードは何枚でも良い
  • まず1人が親になり、用意した全てのカードを全員に1枚ずつ配っていく。
  • 配り終えたとき、最後のカードを配られた人にタグがつき、新たな親になる。
  • 新たに親になった人は、自分の手持ちのカード全部を順に、全員に配っていく。
  • 配り終えたとき、最後のカードを…で以降繰り返し。

でずっとやってると、そのうちプレイヤーの誰かのところに全てのカードが再び集まる、らしい。プレイヤーが何人で、カードが何枚でも。
しかし、再びカードが集まるまでどれだけかかるかは予測不能。プレイヤーの人数とカードの枚数に依存してカオスな動きをするそうで。

見た目の割に簡単に証明できそうな口ぶりだったけど、果たして?


ちなみに先週の配信では、レイモンド・スマリヤンの肉声が聴けます。ホールでのスピーチでエコーかかりまくってて、かなり聞き取りづらいですが。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。