bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

ソフトウェアは硬い

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20051213/111571/
日エレまで形式検証を記事にするとは。えー今まじでそういうモードなの??


悪いこととは思わないんだけど…記事をざっと読んだけど、さすがにここまで全面肯定的な記事だと、ちょっと違和感があったりして。
というか気になるのは、単に「次の流行りもの」というノリでしか見られてないんじゃないかという、そんな雰囲気がちょっと見え隠れする事で。

5年前くらいは「コードを書く前に上流で設計しなきゃ!」というノリでUMLが流行り、2〜3年前は「上流設計だけじゃダメ。ちゃんとプロセス管理/プロジェクト管理しなきゃ!」という売り文句でCMMやらPMBOKが流行り…で今度は「プロジェクト管理だけじゃダメ。ちゃんと仕様を検証しなきゃ!」って、なんか結局そんなノリなんじゃないかと(事実、そういう風な記述も記事にありましたが)

↑の風潮を裏付けるかのように、SODECなんかの展示会ではUMLツール花盛りだったかなぁ…とか思うと、次は「CMMに使える」「ISO9001に使える」なんて謳い文句とともにSCMだの工程管理だの、そういうツールがUML関係と入れ替わるように出ていたりしましたが。来年か再来年のSODECでは形式検証ツールがたくさん展示されますよ、ってことなんですかね。とどのつまりは。(それはそれで見てみたいかも…)

いやまぁ悪いとは思わないんですけど(重ねて強調)、そのUMLツールとかCMMとかSCMとか、現場にどれだけ根付いたの?という疑問がちらほらと。
そう思うと、「何でもできます」的な煽りはかえって「使えねー」という烙印を現場から押させるだけなんじゃないのかなぁ。何ができて何ができないか、ってのをもう少し冷静に示して欲しいなぁ、ってのは無理な注文ですかね。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。