bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

QA4AIコンソーシアムの初会合がありました

今日、発起人に名を連ねているQA4AIコンソーシアムの初会合があり、とりあえず顔を出してみるなどしました。会社の会議があったので途中で抜けましたけど。

えーまず、30名ほどの参加者があり、それだけで圧倒されましたw(機械学習工学研究会、通称MLSEは主査+運営委員の8人だけで回してます……)

また同様の活動をしているMLSEでは、ベンチャーや新興企業のメンバーが多くてTシャツでも全く抵抗ないのですが、こちらは製造業・伝統的内資企業の方々が多く、年齢層高め+背広で、自分のTシャツ・ジーンズにジャケットがちょっと申し訳なかったり。
(などと言いつつ、もうこの格好でいろいろな場所に出向くのに慣れつつある、元製造業・伝統的内資企業の自分がいたりしますが……)

それに「発起人に声をかけるのは最初だけ」と石川冬樹先生(MLSE主査 兼 QA4AI運営副委員長)から聞いていたので、顔見せ程度の気分で気楽に参加したのですが、がっつり「活動しよう!アウトプットを出そう!」的ノリだったので更に申し訳なかったです。はい。

まぁ、僕にはどう考えてもMLSEとQA4AIのアクティブな活動の両立は当座無理だと思うので、後者は皆さんの頑張りに任せて、僕はゴマメ(関西弁)でいようと思います。

MLSEとQA4AIの住み分けですが、僕はMLSEについては「機械学習工学の認知・普及」と、皆さんへの「活動の場の提供」「研究・実践のファシリテーション」が主な役割だと認識しているので、MLSE運営が主体的に何かを発信していくとかアウトプットを出すとか、は当面ないと思っています。たぶん。

とはいえ活動趣旨は結構似通ってはいるので、適度に連携を取れればいいなとは思っています。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。