bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

ドラマ『〜NUMBERS 天才数学者の事件ファイル〜』を観た

数学者が事件を解決する米国ドラマ。原題"Numb3rs"。
ちょっと前にヒビルテでも話題にしてました。
最近ケーブルで観られる事に気づき、しかもキャッチアップ放送で数話一挙放送していたので、撮りだめしておいて、何話か視聴。


感想は…うーん、なんかイマイチ。『ガリレオ』TV版が演出をパクってるって聞いてたので、逆に期待したのに。
いろいろな数学の理論を沢山ひっぱり出してくるんだけど、それらが事件とどう関連するのか、どういう風に役に立ってるのか、全然説得力がない気がする。『リ・ジェネシス』あたりは、同じ科学捜査ものながら、専門的な内容が素人にもわかる(と錯覚できる)ようにきちんと解説されてて、その辺りがとてもうまいなと思うんだけど。

個人的には『ガリレオ』に軍配だなぁ。誰だよ、「『ガリレオ』は『ナンバーズ』の劣化コピー」とか言ってたの。


[追記]…などと文句たれつつ、引き続き撮りだめしてる数話を観たら面白いものも何話かあった。なんか面白いのとつまらないのとで差が激しいなぁ。数学の使い方がハマってるのもあれば、リアルに数学の話として考えると無理やりだったり、かなりこじつけ臭いのも。

例えば、あるエピソードで(以下ネタバレ…にもなってない話ですが)車を追跡する必要が出てきて、主人公がリモートエントリーのキーの暗号を解読し始める。キーは一回ごとにローテートしていて、そのローテーションのアルゴリズムを主人公達が苦心して解読、出てきた暗号の種か何かが車の製造番号か何かを使ってて、それで問題の車を突き止める…というシーンがありまして。録画消しちゃったので記憶頼りですが。
その、キーを解読できたシーンの会話が確かこんなの↓

「1D-セルオートマトンじゃない?」
「ウルフラムの計算の理論か」

これでこのシーン終わり。

そのセルオートマトンをどう使ってたのかとか、使った暗号をどう破ったのかとか、ウルフラムなんて名前出す必要あんのかとか、大体キーをローテートするのはいいけど車とどのタイミングで同期取ってんだ?とか、いろいろ細かいところも気になるところですが。
でも、そもそも車を一台特定するためにキーをクラックするなんて、そんな面倒な事してる暇があったらメーカーに問い合わせればええやんFBIなんだし、というのが一番の疑問だったり。
いや、こういう無理やりなシーンが何か多いんですよ。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。