bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

日本数学会 市民講演会@東工大 大岡山キャンパス

結び目の話があったので行ってきた。結構盛況だったのでびっくり。
小さめの講堂でしたが、会場の8割くらいは埋まっていたような。学会参加者と思われる、大学の先生と思しき人や学生も当然多かったのですが、それ以外では、恐らく60は軽く超えるようなご年配の方が相当数いたので、軽いカルチャーショック。CSで市民講座やってもこうはなるまい(数十年後にはこうなるか?)

結び目の話ですが、ジョーンズ多項式までの話を、成り立ちの歴史とともに、とても平易に解説されていました。自分は圏論勉強会に併せてそこまでは辛うじてたどりついていたので、1年前に聴きたかったなー、という感じでした。あ、でも用語の整理とかにはなったかも。
あと、今勉強会でやってるテキストが学際的ですごくアヤシイんですが、実は結構まともな結び目(というより組み紐か?)になっていたんだ、と実感(笑)

最後には、高分子化学や生物学での応用の話があったんですが、時間切れで殆ど流されていました。ポリマーの両端がつながって環になったり、DNAの両端がつながって環になったりすることがあるらしく、そうすると結び目に帰着できて、いろいろ面白い性質が言えたりするんだそうです。
ちなみに、「素粒子物理ではどういう応用があるんですか?」という(無茶な?)質問が会場から飛んでいましたが、「よくわかりません」とスルーされていました。

直後に予定があったので、結び目の話だけ聴いて、その後の素数の話は聴かずに帰っちゃいました。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。