bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

補足: (Bell-)costate

少し補足。Bell-costateについてゴネゴネと書いていたけど、勉強会のテキスト(http://www.comlab.ox.ac.uk/people/samson.abramsky/tambook.pdf)を少し眺めていたら、こうなってました。
Bell-state \eta_A (下図左)に対応する Bell-costate は\eta_A^{\dagger}(下図右)。

一方、量子テレポーテーションに出てくる、Bell-state & Bell-costate の組み合わせは、\eta_A に対して \eta_{A^*}^{\dagger}(下図)。

なので、先のエントリーでBell-costateについて文句をたれたけど、とりあえず保留。

檜山さんの、(Abramsky流でいう)「ベル状態」に対する疑問は、結局「costateって何よ?」ってところに行き着くのではないかと個人的には思っています。で、自分なりに「これかな?」ってのはあるにはあるんですが… costate は state に対して共役(adjoint)になっている筈なんで、そのイメージを計算で確かめていけばいいんだろうけど、ぶっちゃけ今やる気にならない(^^; のでこれも保留。
Abramsky流は次回の勉強会でのお楽しみにして、一般的な量子のお話をコツコツと進めとくことにします。その方が最終的な理解も早そうだし。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。