bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

昨日たまたま見かけた特許出願

新規に考案した形式言語(XX-calculus の類)が特許提案されていて、操作的意味論の規則一つ一つがクレーム(請求項)になってました。いやぁそんな事もできるのね。

考えてみれば、建前上操作的意味論って抽象機械の操作だから、「○○の様な操作をする機能を具備する装置」風に書きなおせば、とりあえずは特許風になりますか。なるほど操作的意味論は特許向きなのかもしれない(本当かよ)。

なおこの特許出願、未請求なので本当に特許にするのか / なるのか は不明。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。