bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

ブログ的ビフォアアフター

こちらトラックバックもらったので、トラックバック返し。元ネタはこの本
しかし…何と言うか、私はそこまで否定的な意味で書いたつもりはないのです。「ブログ世代は以前の世代よりものを考えずに書くようになった」というのは、まぁ「ワープロ世代は手書き世代より云々」という議論に似ていて…ある面で真実を含んではいるけど、単純に善し悪しの二元論にはあんまりフィードバックしたくないというか。

もう少し突っ込んだ話をすれば、ブログは一方向な情報発信ツールではなく(そういう使い方をしてる人もいますが)、むしろ「オープンな、ゆるいディスカッションの場」を提供するものと思っていたりいます。それも、あらかじめテーマ設定がなされるのではなく、意図する・しないに関わらず自然発生的に起こるディスカッション。
そういう意味で、ブログは他人とのコミュニケーションを利用した思考支援ツールと言えるでしょうし、だからこそ、1つ1つのエントリーは脳みそ垂れ流し状態にもなりもするのだと思います。とにかく提供する情報量を多くして、思考過程が明らかにするほどコミュニケーションが取りやすいですから。


そして、こうした「ブログを通してものを考える」方法に慣れ親しんだ人は、ブログ的感覚が通じない場所に放り込まれたときに辛いだろうな、と思うわけです。


…というのが元のエントリーで書いた何となくの意図だったのですが、まぁその実、何かの確信を持って書いたわけではないです(^^; 勢いで書きましたが、自分の中ではそれほどまとまった見解があるわけでもなく。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。