bonotakeの日記

元・ソフトウェア工学系研究者、今・AI系エンジニア

圏論勉強会

でした。一年続きました。めでたい。
で、合間に以前のエントリーの話が出たので忘れないうちにメモ。
http://www.osk.3web.ne.jp/~usitukai/images/JT100175.JPG
MLのタプルはスマッシュ直積(strictな直積)、つまり、\perp \otimes A = \perp。だけど、圏論的な直積はnon strictなので別物。
そういう意味で圏論の直積はHaskellのタプルに近いが、Haskellのタプルは全ての要素が\perpでもタプルとしては値を返すので、その点が圏論的な直積とは違う。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。